店長のタッチアップ修復テクニック!

0
     当店では、やっつけ仕事のタッチアップの修復もきれいになおします!

    中古車には、多少の傷がどうしてもあります。

    大切に乗っていても、どうしてもフロント、リアバンパーの下部には、子傷が付くものです。

    バンパーは、樹脂性なので、塗装がはげると、下地はクロなので、よく目立ちます。

    オークションに出品する際に、目立ちにくいように、とりあえず、筆塗りなどで、目立ち

    にくくしますが、会場の検査員には、修復跡として、チェックされますし、評価も下がり

    ます。

    当店では、このようなやっつけタッチアップや子傷も、きれいに修復できます。

    ▼筆塗りで、タッチアップしたようですが、ボコボコで、塗装面にひび割れも出ています。
     (フロントエアロアンダーカウル)


    表面を耐水ペーパーで研磨します。

    150#→320#→600#→1000#→コンパウンド→脱脂と順に行います。

    ▼研磨、脱脂完了!

    バンパープライマー(下塗り)を塗布後、上塗りを4〜5回塗り重ね、最後にクリアを吹き

    つけます。

    1週間後に、仕上げ用コンパウンドで艶出しをして完了です。

    ▼作業完了
    ▲きれいになりました!

    ちなみに、STAFFの「犬の手」は借りませんでした!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:25 最後に更新した日:2013/09/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM